Blog

【 「Ach」ゲスト:鈴木哲也 司会:桜井有里・阿部元博 】

鈴木哲也:oaqk/Penguin Market Records副代表/ ヤフー株式会社 / 「働きながら音楽活動をする」主催・モデレーター。2002年にバンドoaqkを結成。Penguin Market Recordsからアルバム「Munchen」をリリース。2017年からはPenguin Market Records副代表も務める。

桜井有里:MKcafeマネージャー兼ラジオパーソナリティー
そしてMKのプロジェクトで「ごぼう茶娘」娘さん。SNSの発信力を活かし鹿児島県産ごぼう茶を沢山の方にお届けできるよう活動中!

life music 〜音楽に向き合う〜

阿部:こんばんは、今年最後の放送になりますが今日もよろしくお願いします。
桜井:よろしくお願いします。
阿部:本日のゲストはいろいろな肩書きがあってどういう紹介がいいのか悩みますが、
oaqk(オーク)というバンドのドラマーでもありレーベル副代表や地方創生にも取り組まれている鈴木さんをお呼びしています。
鈴木:こんばんは、よろしくお願いします。
そうですね。いろいろな肩書きはあるのですが一応ヤフーの社員です。ヤフーでは地方創生チームに関わらせてもらっていて、そのような分野の時には社名をいってますが(笑)

阿部:今回、鈴木さんにお願いしたのは音楽や地方創生といったことに関わっているのでMKチームにもあっているのではないかとまた音楽という接点もあると思ったので本日来てもらいました。
桜井:阿部さんとの出会いはどれくらいになるのですか?
鈴木:そうですね。1年前ぐらいからですかね。
阿部:ある時横浜で密談が横浜であっていろいろな人に集合がかかったんですけど
そこで初めましてから始まって、、、終わり後にみんなで食事をして「では、また」みたいなことがあったんですけど、その後にFBなどで連絡を取らせてもらったりと、ちょっとお茶でもという感じで何度か?

桜井:(阿部さんの)第一印象はどうでしたか?
鈴木:第一印象ですか?
その時の集まりの場が「まちづくり」ということがテーマで結構建築系の方が多かったんですね。
その中でどう見ても(周りのかたがたと雰囲気が)ちょっと違うかなと思っていたんですね。
そして、話を聞いてみると「音楽」というところが軸だったので「あっ僕と一緒だ」と思い僕もまちづくりには入っていますけどライフワークは「音楽」だったので話をしてみたいなと思ったんですね。

  

桜井:建築家ぽくないところが良かったんですかね(笑)
阿部:みんな建築家だったりデザイナーだったりとでも中にはエリアマネジメントをしている方も
鈴木:いろいろな地方に飛んで行政だったり、海外で展示会を行っている人であったりあと衣装デザイナーの方でドリカム(※)さんの衣装を手がけている人であったりと
結構地域に絡みの人が多かったです。横浜をどうにかするということで集まったですね
※参加者の1人(有)スタジオニブロール矢内原さんは2015 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ダンサー・ミュージシャン衣装を担当

阿部:早々、横浜の西口の川で1人サップをやっている人もいましたね。
鈴木:その人は川のインフラを利用してミズベリングっと言って普通の川でサップをやってたりするんですね。結構面白いなと。
阿部:あとはアウトドアでミューティングとかを推進していたり屋外にテントを張って自然の中で開放的な中で打ち合わせしませんか?的な人とか?
鈴木:公共空間をいかに楽しく、面白く活用できるかをテーマにですかね。
阿部:そんな人たちが数十人集まってなにやらやっていたんですね。
桜井:なんか面白そうなプロジェクトですね。

阿部:みなさん、各々やっていることが正面から物事を見るのではちょっと斜めにモノを見て「こんなことやったら」とか「あんなことやったら面白い」的な発想でやっている感じかな。
鈴木:そうですね。みなさん本当斜めからモノを見る感じで、、、
桜井: でも鈴木さんは元々音楽なんですよね。
鈴木:はい。元々は音楽ですね。ヤフーは10年前にはいってそれから地方のことをやり始めたのが5年前ぐらいですかね。宮城県の石巻市に5人常勤で復興支援活動をやっていますね。

桜井:それはヤフーの社員のチームの方々ですか?
鈴木:はい。ヤフーでチームを作ってそちらに事務所というか復興の拠点的(石巻復興ベースとう名称)なものを立てて
地域の人達とか行政の人達とかと一緒にやる。といいうか?始まったのが2012年からですかね。
桜井:すごいですね。やられているんですね。地域の為いうか
阿部:離島とかも行っているんだよね。
鈴木:はい。同じ時期に。結構島が好きでいろいろな島へ行っていましたね。
そんな中で面白い島の人にあって、隠岐の島というところなんですが鳥取から北上して60kmぐらいですかね
フェリーで3時間半ほどかかるんですが、そこでフェスをやりたいという人がいたんですね。で、「じゃ一緒にやりましょうか」ということで2013年に1回目のフェス(音つなぎアコースティックフェス) を開催し、2015年には2回目を開催しました。

  

桜井:へぇ〜そうなんですか?そのフェスは何人ぐらいの人が来られたのですか?
鈴木:町の人口700人とか2000人ほどの町だったりするので100人集めるのもすごく大変で。
桜井:大変ですよね。かなりハードルとかもありそうですね。
鈴木:そうなんです。島の人に言わせるとこの島で100人埋めるのは東京で武道館を埋めるのと同じぐらいか、それよりも難しい、大変だぞ。と言われていましたね。でも、大きなフェスではないけれどただ島の人に音楽に触れる機会とかちゃんとした一流のミュージシャンが見れるということがほとんどないのでそういう場所を提供したいということもあって始めた形でもあったんですね。

桜井:島の人達は普段音楽に触れるときはどのようにして触れているんですか?やはりネットとかですか?
鈴木:そうですね。ネットとかですかね。
たまに単発でアーティストが来たりイベント主催の人が呼んできたりすると「何か面白そうなことやっている」という感じで集まって来たりしますね。
桜井:でも、なかなかリアルな音楽に触れる機会が普段ないのでそのようなフェス企画があるといいですね。
鈴木:そうですね。島の人でも手伝いたいという人や当日アーティストのアテンドなど人数分など出してくれたりしてくれますね。

阿部:いろいろな場所でいろいろなことをやっているけどなかなか知る機会がないですね。
鈴木:そうなんですね。なかなか伝えるというのが難しいですよね。すごく思っていて。
桜井:認知をあげていくっていうか知ってもらうということですね。
阿部:そうだよね。でも今の時代ソーシャルが発達して来ているので何かすれば1人つでも増えていくから。
桜井:ソーシャルの面白さってホントちょっとずつだとしてもどっか何かタイミングで大きく広がるとか例えばピコ太郎さん的なこととかみたいな形でその可能性が面白いですよね。
音楽を絡めた地域創生だったりとか?そういうイベントろかいろいろやられているんですか?

鈴木:そうですね。イベントとかは東北に行ったときもヤフーのお仕事で出来た県や出来なかった県などあるのですが、出来なくても永く続けるということでは東北ジャムというのがありますね。
ハイスタンダードのメンバーが中心になって地元の人達と組んで行われるものが2013年と2015年にあり、
地元で音楽イベントなど行っている人達10人ぐらいを実行委員会として集めてハイスタの事務所の人達と制作・運営を一緒にしたというのがありますね。
桜井:なかなか地元の方々と一般の方が一緒に企画するというのはなかなかないですよね。
阿部:結構やったことがないからとか?わからないとか?流れがあったりするのでなかなか大変なところもあるかと思いますね。

桜井:そうですよね。なかなか流れというか?何やっていいかわからないですよね。
誰かがこう言ったきっかけを一緒に作り上げていくってすごいですよね。
鈴木:ほんのちょっとしたことなんでしょうけど。チケットはどうやって売るとか?告知はどうするの?的なこととか?
桜井:確かにやったことがないとわからないですし。
鈴木:あとステージはどうやって組むのとか?音響はどうすればとか知っている知らないのかは別にして
阿部:わかんないというだけでやっていくと覚えていくしから。そうすると東北ジャム的な自分たちでも中心になって運営していけるようになっていく。そうするともっともっと楽しくなっていくんだけど。
桜井:毎年やられているんですか?
鈴木:今は何年かに1度という形で2015に開催して次回はまだ決まっているわけではないのですがそこをどうするみたいな・・・・
桜井:今年はやっていますか?
鈴木:今年はやっていないです。ただ、昨年に東北ジャムの元になっているAIRJAMというハイスタがやっているフェスが開催されています。そこには僕は絡んでいないのですが。
ハイスタのメンバーもAIRJAMや東北ジャムというこれもあれもとなかなか難しくなって来ているので
AIRJAMを開催する年と他でやるという感じで東北ジャムはその地元の人たちが主導ということもあるので「次はどこでとか?どこで実行委員会を組むとか」もけっこうな準備期間がかかるんですけどその辺が決まってきてからという感じですかね。

桜井:場所選びからですか?
鈴木:場所選びもあるんですが、同じ場所でやったほうがコスト的にも抑えられたり図面も引いてありますし良いのですが、東北とついているので東北六県でやっていくべきということもあるので、「じゃ次はどこにバトンを渡せば」ということもあったりと今水面下で調整していると思います。
阿部:あと、どこでやっているんだっけ
鈴木:茨城県結城市です。
4年前からで今年5回目になるんですが4月7、8日の土日を使って「結いのおとフェス」をやっています。町にライヴハウスがないのでライブできる会場というものが一つもないんですね。

桜井:会場が一つもないんですか?
鈴木:はい。一つもないんです。その代わりに古民家をお借りしたり、カフェをお借りしたりして
桜井:そこでライヴをやるんですか?
鈴木:はい。そこでとか?ちょっと広めな広場とかで行き来したり回遊してもらう感じのものをやっています。
阿部:「音で結ばれる」というのがテーマに
鈴木:後は食べ物とかお店もそんなに多くないので出店者さんとか近隣の北関東などの方にもお声がけマルシェ的なものだったり雑貨だったりとか出していますね。

阿部:あと自転車でツール・ド。東北というものもしてるんでしょ。

鈴木:はい。東北で自転車のイベントをやろうということツール・ド・東北というものを開催しています。
ツール・ド・フランスという有名な自転車のイベントがフランスにあるのですが「自転車レースをやりたいね。」とう話が最初にあったんですが、結局いろいろな条件などハードルが高く道路も専有とかあったり
で。市民マラソンってよくあるじゃないですか?じゃ市民マラソンの自転車バージョンならということで
2013年から開催ました。10年間続けるということを掲げて。
1回の参加者は3,500名ほどでボランティアさんなど含めると8,000名の人達がこの日に集まりますね。
宮城県の石巻市をスタートして一番長いコースで220kmです。
気仙沼という岩手の手前まで行ってぐるっと回って帰って来るというものが220kmですかね。
桜井:それって大体どれくらいの時間がかかるものですか?
鈴木:平均速度20kmぐらいなので10時間ぐらいはかかりますね。
距離が長いコースがあるので朝5時ごろからスタートです。日没までに戻ってこなければいけないので。

  

MKTV「Ach」

関連記事

  1. Blog

    【 ぽっち散歩 】

    広島経由⇨東京昨日は新倉敷からの広島経由⇨東京打ち合わせまでに…

  2. Blog

    【 なぜか食べたくなった 】

    思い立ったかのようにこのチャーハンが食べたくなった。「餃子の王将」…

  3. Blog

    【 プロなら甘えるな! と一喝 】

    賛同。「皆さんから元気をもらいまいた」というお礼なのか?なんなのか…

  4. Blog

    【 海月と夜の徘徊 】

    海月を獲りました。いや、間違え「撮りました」です。どう…

  5. Blog

    【 日本のエーゲ海 】

    一昨年、ちょっと下見で熱海に行った時驚きでした。平日だったのですが…

  6. Blog

    【 時代の流れに着いていかなくては 】

    特化したジャンルにこだわりもなく。タイトルで気に入った本を読み漁る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 プラスα 】
  2. Blog

    【 劇団無=魂 座長:TERUさん、役者:條さん MC:桜井さん 】
  3. Blog

    【 アルバムが消費者に求められていない 】
  4. Blog

    【 この場所に貼ることの良い悪いではなく 】
  5. Project

    「あなたの一番大事なものは何ですか?」love&hug project…
PAGE TOP