Blog

【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】

「今日はライブハウスに行って飲もう」

音楽を生活の中に自然を取り込む。

そして、音楽目当てではない人に音楽を聴いてもらう。
その中で「ん?いいな」と思うことが必要だと思う。
チケットノルマのLIVEイベントはもうそろそろ限界かも?
アーティストにとっては嫌なルール。
お店が人を集める。アーティストも人を集める。

今、まさに求められている環境だと、アーティストもそれに甘えず
叶えたい夢への1歩を・・・
WIN-WINで音楽を広める。

寛大なヨーロッパの音楽シーンを日本にも

ヨーロッパのライブハウスのチケット代ってすごく安いんですよ。5ポンド(=約750円)とか、日本でいえば500円払うような感覚でした。

そのヨーロッパで見たものっていうのが、日本と比較するならば、足しげくライブハウスに通う層ではない人たちの普通の生活のなかにも、
「週末はライブに行って音楽を聴く」という習慣があって。

日本でいう大衆向け音楽ではない、アート寄りな音楽が生活に根ざしている様子だったんですよね。
こんな風に「普通の人が普通に遊びにいくところ=ライブハウスになったらいいなと感じました

関連記事

  1. Blog

    【 男気ジャンケン 】

    たまに集まる地元メンツ。後輩でもあり昔の仕事場の仲間でもある。…

  2. Blog

    【 プロなら甘えるな! と一喝 】

    賛同。「皆さんから元気をもらいまいた」というお礼なのか?なんなのか…

  3. Blog

    【 出し続ける辛さかな? 】

    「あえて、休止」だと。それは、そうだな?走り続けるだけ良い…

  4. Blog

    【 走馬灯のように 】

    993年2月25日GOING 2 DANCEメジャデビュー⇩2…

  5. Blog

    【 初の全体会議 】

    鹿児島県出水市、鹿児島県北西部に位置する人口約5万人の市。日本…

  6. Blog

    【 誰かは知らない 】

    深夜の商店街行き交う若者に「君たちカッコイイから1枚写…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 ヒント見つけた 】
  2. Project

    MUSIC BUSINESS ACADEMY「BizMu(ビズミュー)」
  3. Blog

    【 プロなら甘えるな! と一喝 】
  4. Blog

    「音楽解放区」
  5. Blog

    【 ここ会議室ですが、なにか? 】
PAGE TOP