Blog

【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】

「今日はライブハウスに行って飲もう」

音楽を生活の中に自然を取り込む。

そして、音楽目当てではない人に音楽を聴いてもらう。
その中で「ん?いいな」と思うことが必要だと思う。
チケットノルマのLIVEイベントはもうそろそろ限界かも?
アーティストにとっては嫌なルール。
お店が人を集める。アーティストも人を集める。

今、まさに求められている環境だと、アーティストもそれに甘えず
叶えたい夢への1歩を・・・
WIN-WINで音楽を広める。

寛大なヨーロッパの音楽シーンを日本にも

ヨーロッパのライブハウスのチケット代ってすごく安いんですよ。5ポンド(=約750円)とか、日本でいえば500円払うような感覚でした。

そのヨーロッパで見たものっていうのが、日本と比較するならば、足しげくライブハウスに通う層ではない人たちの普通の生活のなかにも、
「週末はライブに行って音楽を聴く」という習慣があって。

日本でいう大衆向け音楽ではない、アート寄りな音楽が生活に根ざしている様子だったんですよね。
こんな風に「普通の人が普通に遊びにいくところ=ライブハウスになったらいいなと感じました

関連記事

  1. Blog

    【 アルバムが消費者に求められていない 】

    アルバムの時代の終焉CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはC…

  2. Blog

    【 プラスα 】

    変哲もない埠頭の1枚の写真。しかし、加える事で印象が変わる事もある…

  3. Blog

    【 お昼を食べに 】

    上野公園で開催している「東京・春・音楽祭 」夏間近と思わせる絶…

  4. Blog

    MK TV「Ach」 ゲスト:エリック松永さん

    もうかれこれどれくらいか?「tartup Weekend Toky…

  5. Blog

    【 何を書けばいいんか? 】

    何を書けばいいんか?悩む時があります。自己満足の日記でいいんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 芝居が嫌いなのに芝居をしている 】
  2. Blog

    【 新たに 】
  3. Blog

    【 10周年記念LIVE 】
  4. Blog

    【 伝える力 】
  5. Blog

    【 革命のファンファーレ 】
PAGE TOP