Blog

【 共通の”敵” 】

「敵=牙城」
「牙城を切り崩す」ことが最大の目的
そして、みんなの気持ちがひとつになっている。

「SASUKE」という番組。
これを見て感じることがある。

それは、参加選手が競ってるという競技に
一瞬見えるかも知れませんが、
よく見ると全ての参加者・観客が全ての
選手を応援している。

レース中に伴走して声援や注意を促し
クリアーを目指している。

1人の選手を応援しているといより
団体戦で何かに挑んでいるかのように見える。

そして、わかった。。。
選手、応援団、視聴者が共通して思っていること

それは「ファイナルステージクリアー」ということ。
誰か?ということではなく、誰でもいいから
「クリアーしてくれ」という共通の目的を
持っているということ。

俗に「敵」はあの「牙城」のファイナルステージの頂に上がること。
これは選手、応援団、全ての関係者の「夢」なのだと。

誰かが支持をして練習に明け暮れている訳ではない。
各人が思い思いに動き、鍛練している日々。
自己意識によって動いている。。。。

「牙城を切り崩す」ことを目指して。

これは、上司のいない組織というのかも知れない。
インディアン・テロの意識もこの共通の敵が明確になっている
倒すことが「命令」ではなく「大義」というか?

ここで1つ引用しますね。

<自然に逆らうのは野蛮だ!>
インディアンは大地,大気、河川、への思いがつよく、
我々文明人のお金第1主義、都会への憧れ、大量消費とは大きく違います。

このことによって「自然に逆らうやつは”敵”」という
共通の認識が生まれ、だれに言われることではなく
意識の中で”敵”と戦う。

自然を汚すやつは「倒す」という暗黙の共通認識を
皆持っているのだと。。。

これを現代風に言えば「共感」よいうことに
なるのかも知れませんね。

みんなと気持ちを一緒にする。いわゆる「共感」というもの
これを音楽で例えるならば「ファン」ということかも知れません。

自身が音楽で伝えたい思い=共感は
皆が思っているものになっているのだろうか?
1人よがりのメッセージになっていないだろうか?

昨年末や新春の各番組では
いろいろ考えさせられるものが多かったかな?

自身の中にある「?」というアンテナを立てることで
バラエティー番組やドラマなどからヒントが得られる。

情報って必要と思っていなければただの雑音。
しかし、「?」というアンテナを立てていれば
全てのものが豊富な情報になる。ということ。

ん?で、何が言いたかったのか????

関連記事

  1. Blog

    【 アルバムが消費者に求められていない 】

    アルバムの時代の終焉CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはC…

  2. Blog

    【 懐かしさと今を感じだステージ  】

    先日、国際フォーラムへ伺って来ました。前職で苦楽を共に過ごした戦友…

  3. Blog

    「人を愛し、音楽を愛し、感動を届ける」

    契約社員330人を正社員化、米本社の反対押し切ったレコード会社社長の覚…

  4. Blog

    【 親和性 】

    このサービスを聞いた時に「何故か?」親和性?共感?が湧いてきた。…

  5. Blog

    【 アーティスト・マネジメント 】

    先日、新潟の専門学校へ伺ってきました。「SHOW! 国際音楽・ダン…

  6. Blog

    【 「Ach」ゲスト:鈴木望 司会:桜井有里・阿部元博 】

    桜井:まずは、ご自身でメジャーデビューということでスタートラインに立た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 修復のお願いに、、、】
  2. Blog

    【 Achとは 】
  3. Blog

    【 音楽家との打ち合わせ使用権フリーのお願い 】
  4. Blog

    【 誰かは知らない 】
  5. Blog

    【 地道な活動! 】
PAGE TOP