Blog

【 日本と海外のマネジメント違い 】

最近、海外のアーティストの映画が話題になり
市場の興味を煽っている。「Queen」「Lady Gaga」
この映画を見て思うことが
それは、マネジメントの構造が日本と違うということ。

日本は、ある会社へ契約が決まる。
その中でスタッフというマネジメントが設定されるに対して
海外はエージェントという組織に契約をする。
このエージェントに契約する前は各アーティストが自ら
マネジメントというパートナーになり得る人を見つける。
見つけるというか?交渉をして「売り出し」の得意な人を見つける。

日本でもスカウトということが存在しているが
そのスカウトした人が売れるまでついてくれるという補償はない。
もし、ダメであれば「社内の他のスタッフ」がつくことになる。

これからは、アーティスト自ら「どのパートナー」がいいのか?という目利き出来る「目」を
持っていなければいけない。それには自身も売れるだろう方程式を持つこと。
イメージを持つことだと思う。

自身の未来を訳の分からぬ人に委ねる。のはどう思うだろうか?
売れなくて責任を取るのは「アーティスト本人」で
スタッフは会社を「クビ」になることはない。配置換え程度。

アーティストは大手プロダクション、メーカーと契約をしたいと思い
それが一つの目的にもなっている。
しかし、最も重要なのは「売れること」だということ。
この「売れる」ということはそのスタッフによるところが大きい。
経験、アイデア、人脈、ネットワークなどなど。

その「目利き」と目利き出来る「判断基準」をアーティストも
今後身につけなくてはいけない。

思い出に残っている映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ主演の
この映画は印象深い。。。。
マネジメントの醍醐味が写し出されている。

 

関連記事

  1. Blog

    【 共通の”敵” 】

    「敵=牙城」「牙城を切り崩す」ことが最大の目的そして、みんなの…

  2. Blog

    【 男気ジャンケン 】

    たまに集まる地元メンツ。後輩でもあり昔の仕事場の仲間でもある。…

  3. Blog

    【 そんな場所にバイク屋が誕生。 】

    丘の一角に建つ1軒のコテージ。ウッドデッキから見下ろせは茶畑と街が…

  4. Blog

    【 今の時代では「規格外」 】

    サントリー「伊右衛門」のCMって結構すごいですね。一瞬「えっ」…

  5. Blog

    【 何が縁を感じてここで 】

    決めていた1日。今日は素材の収録の日として、そして拝みに行くと。…

  6. Blog

    【 時代の流れに着いていかなくては 】

    特化したジャンルにこだわりもなく。タイトルで気に入った本を読み漁る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 ヒント見つけた 】
  2. Project

    MOTHER WATER:水を通じて人を豊かに、
  3. Blog

    【 地方活性のためのEXPO 】
  4. Blog

    【 なぜか食べたくなった 】
  5. Blog

    【 共通の”敵” 】
PAGE TOP