Blog

【 日本と海外のマネジメント違い 】

最近、海外のアーティストの映画が話題になり
市場の興味を煽っている。「Queen」「Lady Gaga」
この映画を見て思うことが
それは、マネジメントの構造が日本と違うということ。

日本は、ある会社へ契約が決まる。
その中でスタッフというマネジメントが設定されるに対して
海外はエージェントという組織に契約をする。
このエージェントに契約する前は各アーティストが自ら
マネジメントというパートナーになり得る人を見つける。
見つけるというか?交渉をして「売り出し」の得意な人を見つける。

日本でもスカウトということが存在しているが
そのスカウトした人が売れるまでついてくれるという補償はない。
もし、ダメであれば「社内の他のスタッフ」がつくことになる。

これからは、アーティスト自ら「どのパートナー」がいいのか?という目利き出来る「目」を
持っていなければいけない。それには自身も売れるだろう方程式を持つこと。
イメージを持つことだと思う。

自身の未来を訳の分からぬ人に委ねる。のはどう思うだろうか?
売れなくて責任を取るのは「アーティスト本人」で
スタッフは会社を「クビ」になることはない。配置換え程度。

アーティストは大手プロダクション、メーカーと契約をしたいと思い
それが一つの目的にもなっている。
しかし、最も重要なのは「売れること」だということ。
この「売れる」ということはそのスタッフによるところが大きい。
経験、アイデア、人脈、ネットワークなどなど。

その「目利き」と目利き出来る「判断基準」をアーティストも
今後身につけなくてはいけない。

思い出に残っている映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ主演の
この映画は印象深い。。。。
マネジメントの醍醐味が写し出されている。

 

関連記事

  1. Blog

    【 通常の日常へ 】

    昨夜、最終便で東京に、、、多くの人の力でどうにか開催を迎え…

  2. Blog

    【 Achとは 】

    昔ではあまり考えられない自身が発信元になるとはしゃべり下手であがり…

  3. Blog

    【 キーマカレーで思い出す 】

    先日のヒントを受けいざ行動のみ。早々にアポイントをいただき新規プロ…

  4. Blog

    MK TV「Ach」 ゲスト:エリック松永さん

    もうかれこれどれくらいか?「tartup Weekend Toky…

  5. Blog

    【 つながり 】

    先日、友人を通じて。青山の一角にある「きばいゃんせ」というお店の親…

  6. Blog

    【 大会視察の巻 】

    今日は強風でよかったのではないかと思いますがこの強風でも「弱い」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 場所を変えただけなってしまう。 】
  2. Project

    SHOWGEKI 無=魂 20周年を迎え新たな年を迎え新生小劇団へ
  3. Blog

    MK TV「Ach」 ゲスト:エリック松永さん
  4. Blog

    日本映画「ひとくず」(英題『KANEMASA』)
  5. Blog

    【 革命のファンファーレ 】
PAGE TOP