Blog

【 日本と海外のマネジメント違い 】

最近、海外のアーティストの映画が話題になり
市場の興味を煽っている。「Queen」「Lady Gaga」
この映画を見て思うことが
それは、マネジメントの構造が日本と違うということ。

日本は、ある会社へ契約が決まる。
その中でスタッフというマネジメントが設定されるに対して
海外はエージェントという組織に契約をする。
このエージェントに契約する前は各アーティストが自ら
マネジメントというパートナーになり得る人を見つける。
見つけるというか?交渉をして「売り出し」の得意な人を見つける。

日本でもスカウトということが存在しているが
そのスカウトした人が売れるまでついてくれるという補償はない。
もし、ダメであれば「社内の他のスタッフ」がつくことになる。

これからは、アーティスト自ら「どのパートナー」がいいのか?という目利き出来る「目」を
持っていなければいけない。それには自身も売れるだろう方程式を持つこと。
イメージを持つことだと思う。

自身の未来を訳の分からぬ人に委ねる。のはどう思うだろうか?
売れなくて責任を取るのは「アーティスト本人」で
スタッフは会社を「クビ」になることはない。配置換え程度。

アーティストは大手プロダクション、メーカーと契約をしたいと思い
それが一つの目的にもなっている。
しかし、最も重要なのは「売れること」だということ。
この「売れる」ということはそのスタッフによるところが大きい。
経験、アイデア、人脈、ネットワークなどなど。

その「目利き」と目利き出来る「判断基準」をアーティストも
今後身につけなくてはいけない。

思い出に残っている映画「ザ・エージェント」トム・クルーズ主演の
この映画は印象深い。。。。
マネジメントの醍醐味が写し出されている。

 

関連記事

  1. Blog

    【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】

    「今日はライブハウスに行って飲もう」音楽を生活の中に自然を取り込む…

  2. Blog

    【 芝居が嫌いなのに芝居をしている 】

    2017年年末に昨年20周年を迎えた「劇団無=魂」の座長と対談?冒…

  3. Blog

    【 第三回目の打ち合わせ 】

    2週間に1回のペースでの打ち合わせ。徐々にリアルな現実に直視しつつ…

  4. Blog

    【 「音楽チャンプ」3月末終了 】

    また、ひとつ音楽番組というのがなくなった。これを音楽番組というのか…

  5. Blog

    【 音楽家との打ち合わせ使用権フリーのお願い 】

    SNSのネタ作りと今までの経緯を知りたくて。昨夜はちょっとした取材…

  6. Blog

    【 これで映像が重要になってくる 】

    2018年は何にせよ、動画が重要になってくると思い込んでいます。携…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Blog

    【 何を書けばいいんか? 】
  2. Blog

    【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】
  3. Blog

    【 A Star Is Born 】
  4. Blog

    【 誰かは知らない 】
  5. Blog

    【 海から山へ 】
PAGE TOP