Blog

【 ”継続”という2文字 】

誰もが「マネタイズ」と叫ぶ!
企業も含めて「利益」を担保したいと考える。
それはそれで大切かも知れない、けど
「近道をして」という言葉が隠されているのかも?

昨年末の音楽番組で感じた。
レコード大賞の番組で受賞したDA PUMPのKENZOくんの言葉。
そして、紅白に出演したMISIAさんの言葉。
この「言葉」の共通点はまさに”継続”ということではなかったか?

DA PUMP新たしいメンバーで船出して10年を迎えた2018年
誰もが大賞ではないかと感じさせるほど世の中を席巻。
MISIAさん、「歌手にしてくれてありがとう」と
20年歌い続けることで「歌手」になれたという。
驚きの言葉が、、

これは「継続=やり続ける」ということが
大切なのだと気がつかされる。

続ける。ということは「叶う」「チェンスを待てる」ということ。
しかし、その場にいなければ「叶わない」「チャンスを受けれない」

今、音楽業界に関わらず口から出てくることは「マネタイズ」
「利益」をどう産むか?ということが多い。
確かにそうかも知れない。

しかし、この言葉は「大金を掴むには」という言葉にも聞こえる。
「大金を掴むには」という軋轢の中では何も生めない。

本当は「継続をさせていくには」という考え方なのではないかと。
「継続させるための体力」それは必要。それが資本力とはまた違うと思う。

「継続出来る体制」ということを構築していかなくてはいけない。
そして、「チャンスを待つ」ということ。

しかし、「すぐにお金にしたい。」と言う。
出来るわけがない。が出来るという錯覚や希望を
持ってしまうのかも知れない。

いろいろな積み重ねの結果なのだと理解したほうが
しっかりとした気持ちで向き合えるのだと思う。

「その存在を周りが知らなければ、存在していないのと一緒」
だということを認識しなければいけない。

ーーーーーー
「今を一生懸命に向き合うことが大切」

多分この継続というのは「夢を持て」という
言葉で教えられてきたのかも知れない。

しかし、私は若き子に「夢なんて持たなくていい」と説く。
「夢を持てる人は良いな」と思う。と説く。
でも、「今を一生懸命に向き合うことが大切」だとも説く。

「なぜ?」そう私も「夢」など持っていなかった。
その時を一生懸命には「生きて来た」とは思う。
その結果、思いもよらない音楽業界に身を置いている。

「今」があるから「未来」がある。
「今が起点」になっている。で、この先の分岐点へ
運んでくれるのだろう。

その「分岐点」がどのようなものなのかを
「今」が生み出しているのだと思う。

「今を生きる」それは「まだ、見えぬもののためい」と今だから
思うのかも知れない。

最近の思考で
「近道したければ、遠回りを考える」という意識を持っている。
「近道したい気持ち」はわかる。しかし、近道する時って
結構、一番大切なものを置いて来てしまうのではないかと。

「遠回り」することで「大切な何か」を大切に扱っているのだと思う。
結局、「遠回りが、近道」ということに行き着く。

それは「近道ではなく、本来の道」なのだと思い説く。

ーーーーー

「継続」=「やり続ける」

2019年は有言実行でこの言葉を、、、、

関連記事

  1. Blog

    【 GREEN&BLUE 】

    3年前に始めたプロジェクトと同時期に別のプロジェクトで製作した「ロ…

  2. Blog

    【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】

    「今日はライブハウスに行って飲もう」音楽を生活の中に自然を取り込む…

  3. Blog

    【 ぽっち散歩 】

    広島経由⇨東京昨日は新倉敷からの広島経由⇨東京打ち合わせまでに…

  4. Blog

    【 キーマカレーで思い出す 】

    先日のヒントを受けいざ行動のみ。早々にアポイントをいただき新規プロ…

  5. Blog

    【 大会視察の巻 】

    今日は強風でよかったのではないかと思いますがこの強風でも「弱い」と…

  6. Blog

    【 エンタテイメントという世界 】

    久しぶりのブログ投稿ですね。半年以上になってしまっていますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Project

    a+project 〜未来のスターとなる女性ボーカルに出会い、育て、プロデュース…
  2. Blog

    【 毎月第4木曜MKTV「Ach」】
  3. Blog

    【 何が縁を感じてここで 】
  4. Blog

    【 絵になる場所 】
  5. Blog

    【 原点回帰 】
PAGE TOP