Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    「音楽解放区」

    なんか刺さるんだよね音楽って誰のものだっけ?「音楽は、…

  2. Blog

    【 2018年新たな年を迎えて 】

    新年明けましておめでとうございます。皆様のおかげで無事に今年も…

  3. Blog

    【 アーティスト・マネジメント 】

    先日、新潟の専門学校へ伺ってきました。「SHOW! 国際音楽・ダン…

  4. Blog

    【 第三回目の打ち合わせ 】

    2週間に1回のペースでの打ち合わせ。徐々にリアルな現実に直視しつつ…

  5. Blog

    【 「Ach」ゲスト:鈴木望 司会:桜井有里・阿部元博 】

    「Ach」ゲスト:鈴木望 司会:桜井有里・阿部元博鈴木望:鉄人テン…

  6. Blog

    【 近寄れなかったかなりヤンチャな方々。】

    昔はよく海で会うことが多かった。千葉の夷隅の近くにコテージがあって…

最近の記事

  1. Blog

    【 1人のアーティストの呼び声に集結。】
  2. Project

    「あなたの一番大事なものは何ですか?」love&hug project…
  3. Blog

    【 男気ジャンケン 】
  4. Blog

    【 思いとそれぞれの時間が 】
  5. Blog

    【 この場所に貼ることの良い悪いではなく 】
PAGE TOP