Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    【 なぜか食べたくなった 】

    思い立ったかのようにこのチャーハンが食べたくなった。「餃子の王将」…

  2. Blog

    【 お昼を食べに 】

    上野公園で開催している「東京・春・音楽祭 」夏間近と思わせる絶…

  3. Blog

    【 場所を変えただけなってしまう。 】

    今日は暑かったですね。半袖でした。短パンではなかったですか?(笑)…

  4. Blog

    【 シンガーである前にゲームクリエーター 】

    シンガーである前にゲームクリエーター絵本作家である前に芸人…

  5. Blog

    【 1人のアーティストの呼び声に集結。】

    「NAONのYAON2018」多くのアーティストが新旧問わず1人の…

  6. Blog

    【 革命のファンファーレ 】

    面白かった1冊最初はどんな本かと思いつつ賛否をある中躊躇してい…

最近の記事

  1. Blog

    【 日本のエーゲ海 】
  2. Blog

    【 新たに 】
  3. Blog

    【 なぜか食べたくなった 】
  4. Blog

    【 伝える力 】
  5. Blog

    【 おっさん対談 】
PAGE TOP