Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    【 今年どうする編 】

    2週間に1度定期的に行っているMEETINGなんども話し合いそ…

  2. Blog

    【 Second carrier 】

    今日は、YOKOHAMAへ友人との待ち合わせで、場所はインタースタ…

  3. Blog

    【 キーマカレーで思い出す 】

    先日のヒントを受けいざ行動のみ。早々にアポイントをいただき新規プロ…

  4. Blog

    【 地方活性のためのEXPO 】

    幕張でエンタメから地方活性のためのEXPOが地方を活性化するた…

  5. Blog

    【 実行委員の方々と 】

     昨夜福島県田村市のONE+NATION実行委員の方々が東京に昨年…

  6. Blog

    【 この場所に貼ることの良い悪いではなく 】

    この場所にいくつものステッカーが貼ってある。これは「なんでここに貼…

最近の記事

  1. Blog

    【 プラスα 】
  2. Blog

    【 2018年新たな年を迎えて 】
  3. Blog

    【 絵になる場所 】
  4. Blog

    【 ぽっち散歩 】
  5. Blog

    【 何を書けばいいんか? 】
PAGE TOP