Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    【 1人のアーティストの呼び声に集結。】

    「NAONのYAON2018」多くのアーティストが新旧問わず1人の…

  2. Blog

    【 第三回目の打ち合わせ 】

    2週間に1回のペースでの打ち合わせ。徐々にリアルな現実に直視しつつ…

  3. Blog

    【 時代の流れに着いていかなくては 】

    特化したジャンルにこだわりもなく。タイトルで気に入った本を読み漁る…

  4. Blog

    【 何が縁を感じてここで 】

    決めていた1日。今日は素材の収録の日として、そして拝みに行くと。…

  5. Blog

    【 「音楽チャンプ」3月末終了 】

    また、ひとつ音楽番組というのがなくなった。これを音楽番組というのか…

  6. Blog

    【 ヒント見つけた 】

    檻の中ではありません。暖かい陽気に包まれた今日のお昼。ランチミ…

最近の記事

  1. Blog

    【 原点回帰 】
  2. Blog

    【 Rockbikes 】
  3. Blog

    【 鶴が身近にいるって?どんな感じ 】
  4. Blog

    【 修復のお願いに、、、】
  5. Blog

    【 懐かしい人と 】
PAGE TOP