Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    【 これで映像が重要になってくる 】

    2018年は何にせよ、動画が重要になってくると思い込んでいます。携…

  2. Blog

    【 この場所に貼ることの良い悪いではなく 】

    この場所にいくつものステッカーが貼ってある。これは「なんでここに貼…

  3. Blog

    【 時代の流れに着いていかなくては 】

    特化したジャンルにこだわりもなく。タイトルで気に入った本を読み漁る…

  4. Blog

    【 男気ジャンケン 】

    たまに集まる地元メンツ。後輩でもあり昔の仕事場の仲間でもある。…

  5. Blog

    【 「音楽チャンプ」3月末終了 】

    また、ひとつ音楽番組というのがなくなった。これを音楽番組というのか…

  6. Blog

    【 走馬灯のように 】

    993年2月25日GOING 2 DANCEメジャデビュー⇩2…

最近の記事

  1. Blog

    【 GREEN&BLUE 】
  2. Blog

    【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】
  3. Blog

    【 江ノ島 音楽・芸能の神 】
  4. Blog

    【 何が縁を感じてここで 】
  5. Blog

    【 ビルの谷間から 】
PAGE TOP