Blog

【 アルバムが消費者に求められていない 】

アルバムの時代の終焉

CDが売れないと叫んでいる中でアルバムはCDではないと思っているのかも知れない。
アルバムはシングルより1曲あたりの単価が安いということでグレーゾンも購入してくれると
昔は誰もが思っていた。そしてアーティストの集大成として価値あるものだと。
しかし、今はCDが「売れない」時代と叫ばれている中でアルバムもCD。
CDが売れないのはシングルもアルバムを同じ。。。だってCDだから。
シングルCD2曲4パージョン1,000円、アルバムCD12曲収録 3,000円確かに1曲あたりの単価は安い。
しかし、そういうことではないと思う。音楽はアーティストのどの部分にあたるのか?
シンガーにとっては大切な部分だと思うかそれとCDの売り上げを上げるのは別の時代。

音楽という素敵なものを武器にどこに入って行くのか?
目的は何か?「CDを売ること」それとも「チャートを上げること」
いやいや、多くのオーディエンスの思いを届けることではないでしょうか?
そして、そこからビジネスが生まれるのだと思う。

関連記事

  1. Blog

    【 チケット代1,000円で音楽シーンに新風を 】

    「今日はライブハウスに行って飲もう」音楽を生活の中に自然を取り込む…

  2. Blog

    【 「Ach」ゲスト:無=魂座長TERU MC:櫻井優 】

    【 急遽このような感じで出演 】2月のゲストコーナーの枠が急遽…

  3. Blog

    【 新たに 】

    久しぶりに小学館へ。伺ってビックリ。神保町駅のからそのまま入れ…

  4. Blog

    【 ぽっち散歩 】

    広島経由⇨東京昨日は新倉敷からの広島経由⇨東京打ち合わせまでに…

  5. Blog

    【 1人のアーティストの呼び声に集結。】

    「NAONのYAON2018」多くのアーティストが新旧問わず1人の…

  6. Blog

    【 空気が澄んでいる深夜の美星 】

    昨夜は話し込みましたね。気がつけば深夜。陽が昇る気配も。…

最近の記事

  1. Project

    多くの方々とエンターテイメントの素晴らしさエンターテイメントの成し得ることの高騰…
  2. Blog

    【 デビューしてしまった 】
  3. Blog

    【 この場所に貼ることの良い悪いではなく 】
  4. Blog

    【 近寄れなかったかなりヤンチャな方々。】
  5. Project

    MOTHER WATER:水を通じて人を豊かに、
PAGE TOP